弁護士を代理人に

悩む女性辛い後遺症に悩んでいくことになりますが、加害者側の保険会社が提示してくる賠償金は、正しい評価であるということはまずありえません。単純に低いということではなく、法律上考えてみても、請求できる最高金額になることなどあり得ないからです。

保険会社は保険金を給付するのが仕事のひとつですが、支払えばその分マイナスになるでしょう。公正な第三者ではなく、加害者に変わって支払いをしなければいけない立場にしかなりません。被害者との立場を考えてみるとわかりますが、加害者以上に正対する立場にあるのがわかるでしょう。それも保険金のスペシャリストになるのですから、後遺症が残ったとしても、できるだけ支払いは少なくできるように考えてきます。それが仕事だからです。

本来請求できる賠償額は、裁判所の基準の前後となってくるでしょう。あくまでも相場ですので、これよりも高い金額が認められるケースはいくらでもあります。ですが、被害者が請求しておかなければ、裁判になっても総額させるようなことは日本の裁判上ありえません。弁護士を代理人にしていけば、こうした事態を防ぐこともできます。後遺症まで残る状態で、大きな不利益を受ける必要などないのですから、しっかりと交渉していくべきでしょう。

参照HP『交通事故後遺症状-アディーレ

  • コメントはまだありません

算定基準の問題

後遺症が残ってしまったときに、大きな影響を与えるのが後遺障害認定の等級です。これによって支払ってもらえる慰謝料などの損害賠償は大きく違ってきます。さらに、保険会社が持っている算定基準というものが、大きな影響を与えることも知らなければいけません。

後遺障害等級を認定する自賠責保険は、被害者を最低限でも救済するために存在しています。算定基準も持っていますが、その目的からも、最も低い基準になっているといえるでしょう。続くのが任意保険ですが、自賠責保険だけでは、損害を賄えないことは容易に想像が付きます。そこで、補てんするために上乗せする保険となってくるでしょう。

裁判所保険会社の算定基準とは異なり、裁判の判例を基準としているのが、裁判所と弁護士が活用する算定基準です。これまでの判例を積み重ねてきた結果導き出された金額と考えればわかりやすいでしょう。もっとも高い基準となってきます。

基準の違いからも分かりますが、等級以前に保険会社の話だけでは、確実に抑え込まれるようになるでしょう。本来受けた被害に対する賠償を求めるのであれば、弁護士の持っている基準で交渉することが重要になってきます。交渉の専門家としての弁護士の意味合いもありますので、代理人として依頼するのがポイントになるのです。

  • コメントはまだありません

後遺障害等級

お金交通事故によって後遺症が残ってしまう後遺障害は、大変重い事態です。受傷した怪我が、治療しても改善しないような事態であり、これから先に背負っていかなければいけないものになってしまいます。このような状態を自賠責保険では、第1級から第14級までの投球に区分して判断するのが後遺障害です。後遺障害が残ってしまったことによる精神的に受けた苦痛と本来労働によって得られたはずの利益が、後遺障害によって得られなくなった後遺障害による遺失利益などで賠償してもらうことになるでしょう。これも等級によって異なり、算出して出てくる金額に差が出てきます。何等級に該当するかというのは、大きな影響を与えるポイントになってくるでしょう。

後遺症が残る事態が大きな問題です。このような被害を受けたことに対しては、損害賠償を求めるのは当然のことでしょう。ところが、保険会社との交渉では、できるだけ抑えようと考えてきます。保険会社の都合がかかわってくるからですが、しっかりとした交渉をしていかなければいけません。将来にわたって多くの利益を損失することにもなりますし、精神的にも苦しい毎日を送るのですから、弁護士を代理人として交渉するのは、当然といいって言いでしょう。

  • コメントはまだありません

後遺症と認定

むち打ち人生の中で、交通事故に遭うというのは、大変不幸な出来事です。だれもが予想していることではありませんし、できれば被害に遭いたくないでしょう。多くの損害をもたらすことになりますが、単なるけがで済めば、まだ回復できます。ところが、元の状態に回復できずに後遺症が残るようなこともあるのが、交通事故の怖さです。交通事故にさえ遭わなければ、辛い思いもしなくて済んだということになるのですから、加害者には償ってもらう必要が出てきます。特に後遺症で悩むような事態は、加害者が保証していかなければいけません。なぜなら、交通事故がなければそんな悩みはないのです。

交通事故におけるけがは、一定の期間で治る場合と、治らない場合が出てきます。この治らない場合を後遺症と定義しているのが重要です。言葉上でも使う場合がありますが、保険ということではしっかりとした定義の元で認められることになります。どの程度の状態なのかということで、認めてもらうかどうかによって、保険金は大きく変わっていくことになるでしょう。

保険における後遺症は、後遺障害として認められる必要があります。医師の診断が必要であり、これ以上治療しても症状の改善がみられないと認定され、症状固定とされなければいけません。さらに、自賠責に対して後遺障害等級の認定申請までしなければいけません。こうした流れから考えても、大きな負担になってくることが洋装できますので、参考にしながら弁護士へ相談することを考えましょう。

  • コメントはまだありません