弁護士を代理人に

悩む女性辛い後遺症に悩んでいくことになりますが、加害者側の保険会社が提示してくる賠償金は、正しい評価であるということはまずありえません。単純に低いということではなく、法律上考えてみても、請求できる最高金額になることなどあり得ないからです。

保険会社は保険金を給付するのが仕事のひとつですが、支払えばその分マイナスになるでしょう。公正な第三者ではなく、加害者に変わって支払いをしなければいけない立場にしかなりません。被害者との立場を考えてみるとわかりますが、加害者以上に正対する立場にあるのがわかるでしょう。それも保険金のスペシャリストになるのですから、後遺症が残ったとしても、できるだけ支払いは少なくできるように考えてきます。それが仕事だからです。

本来請求できる賠償額は、裁判所の基準の前後となってくるでしょう。あくまでも相場ですので、これよりも高い金額が認められるケースはいくらでもあります。ですが、被害者が請求しておかなければ、裁判になっても総額させるようなことは日本の裁判上ありえません。弁護士を代理人にしていけば、こうした事態を防ぐこともできます。後遺症まで残る状態で、大きな不利益を受ける必要などないのですから、しっかりと交渉していくべきでしょう。

参照HP『交通事故後遺症状-アディーレ