算定基準の問題

後遺症が残ってしまったときに、大きな影響を与えるのが後遺障害認定の等級です。これによって支払ってもらえる慰謝料などの損害賠償は大きく違ってきます。さらに、保険会社が持っている算定基準というものが、大きな影響を与えることも知らなければいけません。

後遺障害等級を認定する自賠責保険は、被害者を最低限でも救済するために存在しています。算定基準も持っていますが、その目的からも、最も低い基準になっているといえるでしょう。続くのが任意保険ですが、自賠責保険だけでは、損害を賄えないことは容易に想像が付きます。そこで、補てんするために上乗せする保険となってくるでしょう。

裁判所保険会社の算定基準とは異なり、裁判の判例を基準としているのが、裁判所と弁護士が活用する算定基準です。これまでの判例を積み重ねてきた結果導き出された金額と考えればわかりやすいでしょう。もっとも高い基準となってきます。

基準の違いからも分かりますが、等級以前に保険会社の話だけでは、確実に抑え込まれるようになるでしょう。本来受けた被害に対する賠償を求めるのであれば、弁護士の持っている基準で交渉することが重要になってきます。交渉の専門家としての弁護士の意味合いもありますので、代理人として依頼するのがポイントになるのです。