後遺症と認定

むち打ち人生の中で、交通事故に遭うというのは、大変不幸な出来事です。だれもが予想していることではありませんし、できれば被害に遭いたくないでしょう。多くの損害をもたらすことになりますが、単なるけがで済めば、まだ回復できます。ところが、元の状態に回復できずに後遺症が残るようなこともあるのが、交通事故の怖さです。交通事故にさえ遭わなければ、辛い思いもしなくて済んだということになるのですから、加害者には償ってもらう必要が出てきます。特に後遺症で悩むような事態は、加害者が保証していかなければいけません。なぜなら、交通事故がなければそんな悩みはないのです。

交通事故におけるけがは、一定の期間で治る場合と、治らない場合が出てきます。この治らない場合を後遺症と定義しているのが重要です。言葉上でも使う場合がありますが、保険ということではしっかりとした定義の元で認められることになります。どの程度の状態なのかということで、認めてもらうかどうかによって、保険金は大きく変わっていくことになるでしょう。

保険における後遺症は、後遺障害として認められる必要があります。医師の診断が必要であり、これ以上治療しても症状の改善がみられないと認定され、症状固定とされなければいけません。さらに、自賠責に対して後遺障害等級の認定申請までしなければいけません。こうした流れから考えても、大きな負担になってくることが洋装できますので、参考にしながら弁護士へ相談することを考えましょう。